ka-noneの日記

先天性心疾患で産まれた娘の成長を書いています

2012/04/07

たいへんご無沙汰していました。



少し仕事の方でバタバタとしてまして、ようやく日記に書くことが出来ます。



あれから、次女のこのかは順調に毎日を過ごしていますよ!
先月の外来では、〝体重増えすぎです!〟と担当医に言われました。
特別食事の制限はないのですが、まだ急に増やすのは負担がかかるみたいですね。
でも、よく飲むんです。
しかも、下の歯が二本生えてきてからは離乳食が美味しいみたいで〝もっとくれ~!〟といわんばかりにバクバク食べてます。
以前とは比べものにならないくらいパンパンしてます。
次の外来でなんて言われるか心配です 笑。

ですが、ほんとグレン終わってからの食欲は半端じゃないですね~。
だから体重も増えるんですが。
それから、グレン前は手足が冷たかったんですが、終わってからは少しづつ冷えなくなってきました。
泣き声もだんだん大きくなりますね。でも相変わらず長く泣くとまだ唇は紫色してます。


f:id:ka-none:20170120143941j:image

そんな中、先週の月曜日にとっても天気が良かったので、人形町にある水天宮へお礼参りへみんなで行ってきました。

もっと早く行きたかったんですが、ちょっと今年は寒くてこのタイミング。
このかは、まったくなんにも解っていないようで終始〝ここはどこ~っ、なにしてるの~?〟的な顔をしていましたが、長女はすっかりテンションも上がり、すべてのお賽銭箱にお金をいれ、すべての鈴を鳴らし、すべての神様に手を合わせていました。
意味は程よく理解しているんでしょうけど、半分楽しさの方がまだ強いですかね~っ。
帰りにいつものように人形焼を買って帰り、お家でみんなで食べました。
久しぶりに食べると意外と美味しいのでビックリ!
あっという間になくなりました。


f:id:ka-none:20170120143951j:image

それからこの間、このかがしきりに耳を触っているので〝ひょっとして?〟と思い、奥さんが耳鼻科に連れて行ったら、やっぱり中耳炎になってました。

しかも両耳 涙。

また当分ぼくの休みは通院でつぶれてしまうのです。




長女は通っている保育園も進級して、まだ前と違った環境に慣れず、時々〝保育園行きたくない病〟が出ています。 
自分も覚えがあるので、長女の気持ちは解らなくはないですけどね。
慣れるまでのしんぼうですね~。



このかがお世話になっているこども医療センターも3月で先生方の移動がありましたね。
循環器は半分は変ったんではないでしょうか?
このかもY先生に変りました。
次回の外来からになります。
個人的な意見ですが、ぼくも奥さんもY先生は好きなんでちょっと安心してます。



さて、来週はみんなでお花見に行ってきますよ!
多分多摩川あたりになりますが、今から楽しみです。


 

以上が当時mixiでの日記です。

前回の日記から2ヶ月も経っている。

グレンも終わり、何事もなければ次のフォンタンまでは普段と変わらない生活が続きます。

 

この頃ののんちゃん。

爆食いです(笑)

同じ歳の子に比べたら小さいから沢山食べてくれるのは嬉しいですよね〜。

それから日記にも書いてますが、泣き声が大きくなった!

知ってますか?

心疾患の赤ちゃんは、〝泣かせちゃダメ〟なんですよ(泣)

赤ちゃんはが泣くのは当然の事、泣いて教えてくれる。

でも、泣かせちゃダメ。

 

 

絶対ムリ〜!

 

 

なので極力泣いても泣き止む様に心がけながら接していたのを覚えてます。

先天性心疾患の場合、泣くと心臓に負担がかかります。

けど、その後のオペや治療が進むにつれて負担も軽減されるので、その心配もなくなっていきます。

産まれたばかりの頃は、泣いても泣き声が小ちゃいんです。

きっとそれだけキツイんだと思います。

それが治療が進むにつれて泣き声も大きくなり、声にハリも出てきます。

 

それからお宮参りですが、ウチは人形町の水天宮に行ってます。

長女も同じですよ。

だから長女も着ていたチロリアンのワンピースを着せて行きました。

ですが、手術後なんで髪の毛が抜けて短い(泣)

もちろん今は、ボーボーに生えてますけどね〜。