読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ka-noneの日記

先天性心疾患で産まれた娘の成長を書いています

2011/06/05

5月某日、ある日の夜中、お腹にいる子供の名前が決まりました。
名前は、〝このか〟といいます。
長女もそうですが、名前の響きで決めています。


その翌日、奥さんの定期健診の日。
ぼくが、長女と一緒にお家で待っていると、奥さんが泣いて帰ってきました。
どうしたのか?聞いてもなかなか言ってくれません、いろんな不安がよぎります。
落ち着かせて、聞いて見ると、胎児に先天性心疾患の疑いがある。と言いました。
ぼくも、〝まさか!〟と頭の中が真っ白です。
来週、もっと詳しい検査をするからその検査でわかるらしいのですが、まったくその事についてなんにも知りません。
解らないから不安もつのります。
奥さんには〝きっと、大丈夫だよ!〟としか言えない自分が悔しかったのを今でも憶えています。