ka-noneの日記

先天性心疾患で産まれた娘の成長を書いています

2011/11/18

いろいろ書きたいのですが、今はなんとも。

カテってそんなに上手くいくものじゃないんですね。

うまくいけば昨日の午前中に退院だったのですが、今はICUにいます。

ただ悔しい気持ちでいっぱいです。

また状況が落ち着いたら報告します。

 

 

 

以上が当時mixiでの日記です。

カテって検査のイメージですが、全身麻酔やるんですよ。

乳児にとっては凄く負担になります。

それから造影剤。

この造影剤でアレルギー起こす事もあるんです。

その造影剤を前回とは違ったものを使用した場合で亡くなった方もいらっしゃいます。

だから、造影剤の事はしっかり聞いて説明してもらうべきです。

後は放射線量もしかり。

後はそれに伴う合併症と起こりえない事が起こってしまった時です。

重度の心疾患の場合、根治が終了するまでに最低3回はこの心カテやります。

このかの場合、その後1回。

それから、小学校に上がる前にもう一度やります。

 

今回の事は次の日記に詳しく書いているので後日投稿します。

それは、外科手術でも心カテでも言える事でしょうけど、僕らは本当の意味で“色んな覚悟”をしないといけないと感じました。

それから僕はこの事がきっかけで、もし生まれ変わったら心臓外科医か循環器医師になりたいと思いました。

その気持ちは、今も変わりません。